北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« ここはあえてスピリチュアルで… | トップページ | 待降節ですね »

主のご復活おめでとうございますw

主のご復活おめでとうございます。
美しく装われた卵をいただいて

ビールをたらふく飲んで帰ってきました。

聖週間の木金土は
参加者がすごく少なくて
木曜日は15人くらい
金曜日は8人
土曜日は11人でした。
ほとんどの参加者が朗読やら奉献やら
なにかかにか役目をやったほど。
わたしも三日連続で
木曜日は出エジプト記をよみ
金曜日は朗読劇のC(ナレーション役)をやり
土曜日は共同祈願を読みました。
神父様も87才、長い御ミサ大変お世話様でした。
ぶっ倒れるんじゃないかとハラハラしましたが、
神父様は意外にお元気でらっしゃいました。
よかったよかった。

まだ情報解禁になってないんですが
お世話になった先輩が、円山教会へ転出することになりました。
とても尊敬していたし頼りにしていた人なので、
本当に教会が嫌になりました。
先輩は「親戚がみんなあっちだから。俺も歳で具合も悪いしもういつ死ぬかわかんないし。」
とおっしゃってますが
実際は人間関係と雑用の忙しさに嫌気がさしたらしいです。体調不良は本当です。癌かな、とわたしは疑っています。
あんなに頑張っているのに
感謝もろくすっぽされず、人間関係は人格否定されるようなことしばしば年長者にいわれていれば
うんざりするのあたりまえですよね。
絵をかく人はただでさえ繊細なのに。
円山でのんびりと、笑顔の老後を送ってくださることを祈るばかりです。
ケン神父様、お願いしますね。

ここからはまた例のごとく悪魔にとり憑かれた発言なので折りたたみます。

皆さんの教会には、スケバンババアいますか。
花×教会にはいます。
あと、よくいじめっ子の腰ぎんちゃくっていうか、スネオみたいなの、小学校にいますよね。
皆さんの教会にいますか。
花×教会にはいます。
それから、自分がたまたま休んだ時の話し合いについては「ねまわし」と批難するくせに、自分はスケバンと二人でりっぱな根回ししてのけるババアいますか。
花×教会にはいます。

Twitterの同世代のカト友にきいたら、やっぱりそちらの方の教会にも、変なバーサンいっぱいいるそうで、うんざりだそうです。ちなみにプロでも同じことがあったそうです。
こうやって、教会を支えるべき中年信者がへっていくわけですよ。
勿論、性格や行動に問題を抱えているバーサンでも、神の子ですし、カトの大先輩です。教会から出て行けとはいえません。

でも、一人のキリスト者として、恥ずかしくないんでしょうか。

わたしはとてもつきい睡眠障害があって、
予約通り定刻に行動するということが極めて困難です。
それでも自分を甘やかしすぎてはいけないと思い
日曜のミサにはかよっています。
また、心療内科にも、予約を入れてなんとかかよっています。
正直これでいっぱいいっぱいです。

さて、教会には、日曜礼拝はさぼるけれども
掃除とか花活けだけはするという人が何人もいます。
はっきりいってそういう人たちに、
奉仕活動を強要されるのは我慢できません。
ミサが大事なのか掃除が大事なのか
本末転倒ではないですか?

ご復活のパーティーで、私がよっぱらっていることをいいことに
スケバンが
「おいてめえ、掃除しろや」(言動ママ)
と恫喝してきました。
わたしは酔っぱらっていたので
「はぁい!」とニコニコ手をあげておきました。
そのあと腰ぎんちゃくが
「紙張ったから、名前かいといてねー」と言ってきました。

そんなんどうでもいいわ
掃除なんか二週間にいっぺんでいいから
てめえら聖週間のミサきたらどうなんだよクソども

せいぜい馬鹿どもで群れてそうじでもやってろや
しらんがな
はやく召されろ

« ここはあえてスピリチュアルで… | トップページ | 待降節ですね »

カトリック関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/63407947

この記事へのトラックバック一覧です: 主のご復活おめでとうございますw:

« ここはあえてスピリチュアルで… | トップページ | 待降節ですね »

お出かけ・本・グルメ別宅