北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 主のご降誕おめでとうございます。2 | トップページ | ここはあえてスピリチュアルで… »

謹賀新年

 12/20に歌のプレゼントをやって以来、24日は夜半のミサ、25日は日中のミサ、1/1元旦にミサ、そして明日3日もミサ、という強行軍で、かなりぐったりしています。まあわたしは病気で年中ぐったりしているのですが、それ以前に、疲れています。明日でやっと一段落かしら…。
 私がこんなに疲れているんだから、86歳の神父様はもっと疲れているだろうと思ったら、なんとちゃーんとスキーにいったりしてましたwいやあ、たのもしいです。「クリスマスは神父クルシミマス」とか言いますが、日中のミサは修道院でK神父様がなさったので、うちの神父様は比較的元気、かな。
 うちのH神父様、ダイヤモンド祝で、2/11に教区のお祝いがあります。勿論、今回は文句なしにわたし出席です。大年増の大振袖でいってやろうかしら?!まさかね。スーツで行きます。振袖で行きたいのはやまやまですが、あの重い袖をぶんまわして自分で着る気力がないです(^▽^;)
 「寂しいからIさんさそって遊びに来て」と言われたので正月にベトナム娘を訪問しましたが、どうやら気前のいいIさんのお年玉とお土産目当てだったようで、私一人でいったらめっちゃめいわくがられました笑。お年玉上げるほど余裕ないもんね。社会主義の国から来た子たちは、生活保護という概念を全く理解してくれません。(通訳挟んでせつめいしてもらったんですけどねー)でも私はIさんが心底嫌いです。だから誘いませんでした。ベトナムの子にもそう言いました。
 なぜってつまらない理由なんですが、私の髪にねっとり色気だして触ったり、胸に触ったりする女なんですわ。
 わたしはレズビアンに差別はないけど、自分が迷惑かけられるなら、カトリック破門されてでも殴りたい気持ちでいっぱいです。あともっとつまらない理由ですが、私が生活保護受けていることをなんていうか、すごく喜んでいて、私に「施し」したり「訪問」したりすることですごく自己満足感じるらしく、すぐ私の家に上がり込みたがる。上がり込んだら、かけてあるものをめくり上げて「この下になにがあるの」と詮索したりし、ぶしつけ。あまりにどこかへ遊びに行こうとさそわれるので「わたしは夏場は家賃と保護費合わせて9万円で、家賃が5万円で引っ越すのにてまどっているので、(有料なので粗大ごみが出せない)生活費から持ち出ししています」とお金がないことを打ち明けたら「うそだっ、もっともらってるってきいたもんっ」とだれかが教えたウソを信じてわたしをどなりつけたりします。そしてないお金からがんばって100円ずつ貯めて教会費をはらったら「それっぽっちしか払わないの」といって大声で笑い、みんなの前でわたしをバカにしました。ほんとつまらないことですが、私はIさんが嫌いで蹴り殺したいです。(殴るのもけがらわしいです。)でも殺すのはやりすぎだと思っているので、なるべく無視しているのですが、「遊びに行くね」とか色気を出して言ったり(引っ越し準備しているので来ないでくれといったら、こんどはいつ引っ越すの、どこに引っ越すの、と付きまといます。)、私がさぎょうしていると胸に触ったりします。いくら避けても、会計作業をてつだってお金を計算しているときなど、隙をねらってきます。もう死んでくれ、一生治らない障害おってくれ、といつも思っています。類は友を呼ぶといいますから、私が基地外なのであんな基地外がよってくるのでしょうね。
 医者に「人を殺したい。」と言ったら医者がさもありなんという態度で笑いました。

 カトリック破門されたら神道にもどるもんね。ふんっ。神様はいつだっているし、どこにだっているんだから、カトリック、知っとけよ。いい神様ばかりじゃないんだからな。


 それはともかくほんとつかれております。 でも明日はいくぞーみたいな。なんでですかね。こんな悪口言っても、神様が呼んでる状態です。逆らうことができません。どうしたらいいのかなー…。ほんと改宗しようかな…こころの病気のみとしては、本当につらいです。でも薬いっぱいのんでいくんだろうなーっ。あしたも。
 

« 主のご降誕おめでとうございます。2 | トップページ | ここはあえてスピリチュアルで… »

カトリック関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/62990766

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 主のご降誕おめでとうございます。2 | トップページ | ここはあえてスピリチュアルで… »

お出かけ・本・グルメ別宅