北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 主のご降誕おめでとうございます。 | トップページ | 謹賀新年 »

主のご降誕おめでとうございます。2

 前の記事のあと、銀行にいって1月の家賃払ってきまして、各種支払いをしまして、(水道と電気がまだ請求書来てなかった…水道ってコンビニで払えないんだよなーっ)お腹が空いたので、生協で安いラーメンを食べまして、鏡餅と切り餅買いまして、一旦帰ってきました。もう、足が、足がうごかないーっ、棒だーっ。でもラーメンてすごいですね、ふらふらで寒くてぼーっとしていたのに一気に回復!!北海道人のソウルフードになるの、わかるわあ。 あのラーメン、安いのに美味しくて、何はいってるんだろう。好きです、一口茶屋。
 帰ってきたら12時ちょっと前だったので、そのままストーブもつけず(本州産のFF式ってつけたり消したりを頻繁に繰り返すとすすがつまって壊れるんだよ…まあついてるだけありがたいけど…)20分ほど座り込んで、12時10分に再度修道院チャレンジ。今度はもうへとへとだったので、バスにのりました。無事30分ごろには到着したのだけれど、すごい吹雪!!こんな吹雪の中強行軍したの久しぶりでした。
 今度はK神父様、無事到着です。
「みなさんよく眠れましたか。わたしはよく寝ました。疲れていた。すみません。」
 寝坊だった!! 神父様も寝坊ってするんだねwww
 きらきらの金色の紗のカズラ(マントのようなもの)をつけて大祭のいでたち。シスターたちの中に立つと、K神父さまでかいな!!さすが外人だ。
 修道院のミサでは献金がありませんでした。(当たり前。)あとびっくりしたのはご聖体なんですが、ワインに半分浸したのを直接口に入れてくれるんです。このご聖体が、美味いっっっっっっっ。もうなんていうか、ふつうのお菓子は受け付けなくなるほどおいしいです。ああキリストの血と体~…ふらふら~…という感じでした!すばらしい!また食べに行こう。
 ミサの途中でいつも教会に来てくださるOシスターがすたすた入ってきて、一番後ろにいたわたしの隣にすわりました。みなさんでご挨拶のとき、(今日…ってもう昨日ですが、…は主の平和ではなくメリークリスマスだった)私の顔を見てニヤリwこのブログにも書きましたが、北広島の聖体訪問のとき、一緒に遅刻した仲のシスターですw

 日中のミサが無事終わった後、目のあったシスターと何人かお話しました。みんなにこにこして「また来てね」といってくれました。夏の朝とかいいかもなーっ。爽やかで。起きられればの話ですが…。

 わたしのペンフレンドのMシスターは、実はだいぶ認知が進んでいます。でも、わたしの何かを朝覚えてくれたみたいで、帰り見送りに来てくれました。「くるまでかえるの?」「いいえ、バスで」というやりとりを5回ほど繰り返して別れました。何を話しているかなんていいですよね別に。話していることが大切なんだと思いました。

 以前教会にきていて、洗礼受けて、一時期介護の仕事をして、そのあと修道院の食事係に転職したNさんに会えるかなと思いましたが、考えてみればちょうどお昼ですよね。お会いできませんでした。元気だといいな。シスターたちはミサのあと、クリスマスのお祝いをするとおっしゃっていました。

 こんな感じで、初めてのクリスマスの日中のミサ、おわりました。帰ってきて24日のパーティーの残り物をもぐもぐ食べて、「部屋があたたまるまで寝よう」とおもって、つい夜の10時過ぎまでねてしまいました(^▽^;)

 教会のクリスマス飾りは1月の「主の公現」のころまで飾ります。わたしもそのころまで飾ります。だってせっかくかざったのにーきれいなのにもったいないもーん。今年は特によくできました。みせたいくらいですw 

« 主のご降誕おめでとうございます。 | トップページ | 謹賀新年 »

カトリック関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/62938947

この記事へのトラックバック一覧です: 主のご降誕おめでとうございます。2:

« 主のご降誕おめでとうございます。 | トップページ | 謹賀新年 »

お出かけ・本・グルメ別宅