北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« かわいいベトナム娘 | トップページ | 虐待死がありましたね »

札幌教区が100年なんだって。

札幌教区が100周年なんだそうです。
その後半しか生きてなくて
しかもここ4年くらいのことしか知らない私には
全然出る幕のないテーマですが
北海道の過疎化や高齢化に伴って
信徒数が減っているそうです。
ということはつまりぶっちゃけ

教会費の吸い上げが減ってくるという深刻な見通しってこと。
うちの教会でも
まともに来てる人の中では私が最年少ですが
教会費ろくすっぼ払えていません。
貧しいもんで…すんません。
暖房費と年末年始手当が支給されたら、
クリスマスに少し払おうと思っています。
本当にごめんなさい。


お金だけの問題じゃなくて
信徒が減っているのは世界的な潮流
長崎や五島の隠れキリシタン史蹟は
ほんと世界遺産並みのすごさだとおもっているけど、
その五島で、管理する人のいない小さな教会が
台風につぶされても
だれもどうにもできない状態。
まあ札幌教区とは関係ないけど
信徒はどこもへっているという話。


わたしは時代に逆行して(笑)
洗礼を受けたんだけど
実は、当時食うに困っていた。
なんとか生きていけるくらいは食べてたけど
お腹いっぱいとは程遠かった。
教会へ行くとお菓子とか、パーティーとかあるので
むさぼるように食べていたっていうのが現実。
あんなに食って逃げたら食い逃げだよねって話もあって
洗礼受けた。まあそれだけじゃないけど。


私は高校生の時倫理社会が好きで
哲学をはなから相手にしない受験中心の進学校で
倫理だけはいい成績とれたという
なんかいい思い出があって
うちの神父さまのすごく哲学色の強い洗礼のためのお勉強が
とてもなんか楽しかったんだよね。
なんか、久しぶりに水飲んだのどの乾いた人みたいな
そんな気がしました。
わたしは黙って神父様のお話聞いてるだけの一年だったけど
一回しか休まなかったのは
相当珍しい神経らしく
休んだ次の週には
神父様にニヤニヤされて「先週休んだね!」とよろこばれたほど。
一年の終わりには「もうおしえることないよー」といわれた(笑)。
まあ、そんなの、ウソです。神父様は、うんといろんなこと知ってるんだもの。


わたしくらいの世代でも
女は90パー結婚してるんだって。
統計初めて知った時はびっくりしたけど、
残りの10パーの人もいるでしょう。
そういう頑固者は
まあ一人でも平気だし、平気いうより、楽しい言ったほうが正しいくらい、
それなりにやってると思うんだけど、
結婚しないのって言われたときなんてこたえるか困ってるんじゃないのかな。
2年前父が死んだとき、伯母にあやうく見合いさせられそうになったり、
またこのあいだは、エホバの証人の宣教がやってきて
結婚してないのを責められたんだけど
わたしは洗礼してからは
このまま独身で過ごそうかと思っている、イエス様とけっこんするの、
で、万事済ませていますw


あと、昨日友達とメッセやってて
「正義感が無駄にある」と自分のこと言ったんだけど、
正義感が無駄にある人って、
仕事もやれないし、人づきあいもなかなかうまくいかないとおもう。
「良く生きよう」とか「倫理的に生きよう」と思ったら
なにか風よけが必要で
「神はわたしの逃れ場」っていうのは、そのことだと思う。


わたしがまだ洗礼受けてなかった頃は
母の介護というか、付き添いにほんと必死で
生活保護も受けてて、それもあって
本当につらかったんだけど、
(お世話になった看護婦さんやお役人さんの悪口は言いたくない、)
やっぱり人間として最小限のお金は所詮最小限でしかなくて
お金なくて本当に親が可哀想で
(母と私は母子家庭で生きてきた)
貧すれば鈍すっていうけど
本当に「なんでもやってやる」って感じになってて
でも自分の無駄な正義感に邪魔されて
母によくしてやれなくて
本当にわるかったと思うけれど
でも、教会で毎週説教聞いていたら、
「その正義感は無駄なんかじゃないよ」と言ってもらえて
「貧乏でも誇り高く生きよう」って言ってもらえて、
とてもほっとした記憶がある。


これからの若い人たち
不況で、貧しくて、親たちの介護もあって、
本当に苦しいと思う、年金制度も多分崩壊するし、
でもそのとき、
そのとき誇り高く生きようと
自分の正義を
貶めたくないと思ったら
教会に来てほしい。
お金は、最初なくても大丈夫。
教会費、いつの間にか
少しずつでも、なぜか払えるようになる。
エリヤが逃げ込んだ寡婦の家庭の
小麦と油のように
神様が少しずつくれるから
わたしみたいに払えない時期が続いても
何時の間にかふっと何かの拍子に払えたりもするから、
カトリックの教会費って、新興宗教と違って
そんな程度だから


苦しい人はカトリック教会に来てね。
最初はおばあさんで意地悪なひともいたりするけれど、
それはあなたに慣れないから虐めてかかわりあってるだけで
慣れたらやむ。
わたしも、いじめの期間おわったみたいです。
間違ってないなら
神様に縋っていればそれでいい。
わたしはあなたが嫁のように若くても(笑)
虐めないから
心配しないで、神様にまかせて、
神様に縋りにきてください。
2千年つづくカトリックです。
安心してきてください。

« かわいいベトナム娘 | トップページ | 虐待死がありましたね »

カトリック関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/62655668

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌教区が100年なんだって。:

« かわいいベトナム娘 | トップページ | 虐待死がありましたね »

お出かけ・本・グルメ別宅