北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 君は何が怖い? | トップページ | あなたは誰を許しますか »

怒涛の週末でした。

19日の日に、私たちの姉妹Tさんが、急死しました。
いつもミサのときお隣で、はなしかけるとにっこりしてくださったTさん…
いつくしみのイエスの御映や、ミカエル様の御映をくださったTさん…

いつもひざまづいて、熱心にお祈りしていたTさん…
突然の死でした。73歳とはいえ、お元気でらしたのに、
もったいないことです。
もう日曜日、ミサにいってもTさんがいないのかと思うと、
寂しい気持ちです。
神様は敬虔な方からおそばにお召になるのでしょうか…。



金曜日がお通夜で、土曜日が葬儀ミサでした。
あまりに急だったのでみんな動揺。わたしも動揺。
連絡網を回すとき自分の名前を言わずにNさんにまわして
電話のさいごに「どなたですか」ときかれてしまいました(;´Д`)



たくさんの方がいらして立派な通夜・葬儀でした。
ご主人もお元気、息子さんが二人とかで、そこからお孫さんがいっぱい。
優しいよいおばあ様だったことでしょう。



そんなこんなで歌ったり香をたいたりいろいろてんやわんやでした。
Tさんのご冥福を心からお祈りいたします。
わたしもTさんのような、おばあ様をめざさなくては、とおもいます。


ところで日曜日は普通に日曜礼拝でして、
しかも共同回心式。
そのうえわたしは十字架の道行の先唱と
第一朗読がダブルであたっているという
すさまじい日曜でありました。
土曜日心機一転のために熱い風呂に入り、
日曜のために気持ちを引き締めてふとんのなかで目をつぶり、
日曜は早足でいつもより30分早く教会へ向かいました。
神父様もお葬式でヘトヘトになっていて、
回心式(皆で告解するのね)のためにお呼びになった
新開神父様にミサもお願いしていました。
4/2で、うちのかわゆい神父様86歳です。いつまでも82ではありません。




十字架の道行、なんとかやりきりまして、
みなさんに「よかったよ、演劇部」「よかったよ、若さが」
とほめていただけました。ありがとうございます。
しかし前者はともかく、後者のほめことばがいまひとつわからない(;´Д`)
読むの早口だったでしょうか(;´∀`)



第一朗読は一か所引っかかりましたが
無難に終えました。よかった。わたしなんで朗読まいど一か所つっかえるのかなあ。
今回は道行で疲れていたからだろうか…


マリア院のいつもミサにおいでになるOシスターが、
「わたしTさんに本借りたままなの。
わたしにも連絡してくれればよかったのに。」
とおっしゃっていたので、
手あたり次第教会の古顔の人に伝えました。
マリア院連絡網にはいってないからなーっ。
先輩に頼んでいれてもらおっと。



というわけでおつかれよる8時まで爆睡でした。

« 君は何が怖い? | トップページ | あなたは誰を許しますか »

カトリック関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/61322770

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の週末でした。:

« 君は何が怖い? | トップページ | あなたは誰を許しますか »

お出かけ・本・グルメ別宅