北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« プレゼービオを飾ってきました。 | トップページ | メリークリスマスみなさま! »

待降節です。ロラテの季節です。

いよいよ12月、子供たちお待ちかね、クリスマスのシーズンです。
でもね、もっとクリスマスを楽しみにしているのは
カトリック教徒!
なにしろ12月がはじまったら「待降節」とか言い出して
つまりシーズンの名前が「クリスマスを待つ期間」になるのです。

プレゼービオはもうかざりましたが
アドベントクランツを飾って、
お御堂をお掃除して(来週です)
クリスマスツリーをかざって
共同会心式(みんなで一人ずつ懺悔)をやって(再来週です)
心もお御堂もきれいにしてクリスマスを待ちます。

ちなみに日本人の通はこういいます。
アドベントクランツ→四本のろうそく
プレゼービオ→馬小屋
クリスマスリース→わっか

さて、この時期のうちの教会の名物に
神父さまの「ロラテ」があります。
うちの神父様はとっても歌がうまいんですよ。
昔どこかのソリストだったらしい。
ガンガン鳴らす歌い方じゃなくて、ひっそりそっと歌います。
声がかすれると心に染み入るような感じです。
待降歌「ロラテ」は天に救いを降ろしてくれるように頼む歌で
ラテン語です。
昔はよくうたったのかもしれませんが昨今はあまり歌わないとおもいます。

しかーし!
今日、Kさんの旦那さんがお菓子を持ってきてくれて、
それに気をとられたのか
12/1なのに
ロラテがなーーーーーい!!まま主の平和の下へいっちゃった!!(ミサの最後の言葉です)
てか、
だれか始める前に楽譜ないのにきづけーーーーーーーーー!!

まさか神父様お年だから、もう今年からやめたの?!

そんな多大な不安をもちつつも、おわってからそでをひっぱって聞いてみた。
「…神父様、ロラテは…?」
「ん?」
「ロラテ…」
「ああっ、忘れてた!…だめだねーっ、としとると忘れっぽくて!」
「わあっ、きいてみてよかった!!もう今年からやめるのかとおもった!!」
「わたしが生きているうちはやるよぉ。もうラテン語歌う人いないからねーっ
らいしゅうからやろう!!」

…よかったですw

みんなでKさんの旦那さんとお茶をのんで
旦那さんがもってきてくれたおいしいラスクを食べて
パワーの残っている人は
うちの主任司祭がいる手稲教会へ黙想会へでかけていきました。
わたしは徹夜してるので帰ってきました。
(昼夜逆転中です…(^-^;)

毎年アドベントクランツを作るO先輩、
「今年のどう、いいでしょ。ナナカマドが豊作だったからさぁ」
とご機嫌でした。
咳き込んでたけど、大丈夫かな。
みなさまも乾燥の季節なのでのどにはお気をつけください。


« プレゼービオを飾ってきました。 | トップページ | メリークリスマスみなさま! »

カトリック関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/58678320

この記事へのトラックバック一覧です: 待降節です。ロラテの季節です。:

« プレゼービオを飾ってきました。 | トップページ | メリークリスマスみなさま! »

お出かけ・本・グルメ別宅