北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 三位一体の主日 | トップページ | シスターの手紙 »

朗読

日曜日は朗読当番でした。
たのしく朗読してきました。

Sさんの旦那さんが
「声とおるね、なんかやってたの」
というので
「演劇を少し」
と言ったら
「僕もやってたよ、テレビ局の劇団にいた」
というのでびっくり。

Sさんは大学の遠い先輩なのですが、
当時から(まだ学校の名前がちがったころ)
「銀の船」という童話会があったそうで
なおびっくり。
わたしの時代にもあり、部室が文芸部のとなりでした。

「昔銀の船にいると寺の説教につれていかれたんだよ。
それがいやで別の童話会つくってた。
俺が卒業したらなくなっちゃったけど」
とのこと。
いやはやびっくりしました。
Sさんの旦那さんはすごく歌もうまいです。

うちは父も大学の先輩なのですが
父とは一切そういう部活の話題にならない
多分父は部活をやっていなかったのだとおもいます。

最近新しい人がきはじめていて
日曜日もわりと若めの人がいらしていました。
少しお話しましたが、
多分あの人は洗礼を受けるだろなあ。
わたしがクリスマスに洗礼したといったら
「いいなーっ」と目をきらきらさせていました。

ほかにも新しいご夫婦がきていて
なんだかにぎやかな今日この頃です。

« 三位一体の主日 | トップページ | シスターの手紙 »

カトリック関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/54941044

この記事へのトラックバック一覧です: 朗読:

« 三位一体の主日 | トップページ | シスターの手紙 »

お出かけ・本・グルメ別宅