北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« クリスマス 主の降誕ミサ | トップページ | 新年おめでとうございます。 »

なつのねこの2011年スピリチュアル編

今年一年をふりかえります。

■母が病院で誕生日を迎える■
去年の7月に職場で倒れた母が
波乱万丈の病院ライフの末
1月に78才の誕生日を迎えました。
お金がなかったので、
病院の近くのゴディバでホットチョコレートを
なけなしの金で二杯買って病院にもっていき、
二人で泣きながら乾杯しました。珍しくマジで感動しました。
母は手術のあと、二人の天使がおなかに入ってくる夢をみたそうです。

■母が4度目の手術■
もうお互い手術なれしてしまってわたしはぐうぐう寝ながら待ってました。
6時間の手術で子宮と卵巣全摘出、大腸の一部を摘出、小腸の3箇所を摘出しました。
今も病院にモニュメントのようにホルマリン漬けになってのこっています。
今時こんな大手術はめずらしいそうな。
母はたてに50センチほど切腹。
すごい傷跡なので入院仲間に自慢しています。

■教会に行き始めた■
昨年末クリスマスに行って、カトリックミサのおもしろさにハマる。
「1/1はミサのワインをふるまいますよ」と酒につられて通い始め。
ついになんと一回熱が出て「聖霊降臨」の回を休んだ以外は
まったく休まずに日曜教会通いした。
教会側でも脅威だったらしい。

■神父の小説がかきたいと思う■
思っただけ。

■3.11■
実は長姉の誕生日。
たまたま退院中だった母と口をあけて呆けたままテレビで津波を見る。
「…神戸のときは空襲みたいと思ったけれど、こっちはノアの箱舟みたい…」とつぶやく。
スーパームーンと重なっていて、なんらかの霊的大事件だったに違いないと
感じてはいるが、なにしろ素人なので詳細は不明。

■イースター(ご復活)のお祝いに参加■
十字架の道行きも一回だけ参加。
あれはしんどい。
ご復活もヨーロッパなら断食(肉断ち)の末のお祭りなので
日本でも苦行のあとのお祭りとなっております…。
ちなみに大掃除もします。

■野外ミサに参加■
風にひっくりかえった漬物の皿を足にくらう。

■やたらに研修の夢をみる■
とにかく寝てても忙しかった。
なんか、あまり優等生ではなかったけれど、
最後のほうではなんとかイケるようになりつつあり、
最近はあまり見なくなっている。

■父が二度目の離婚■
勝手にやってくれ。もう知らんわ。

■教会でクリスマスの飾り付けに参加■
クリスマスツリーかざったり馬小屋飾ったり…
たのしかったです。

■洗礼をうけました■
なんといってもこれが一番のスピリチュアル的大事件。
ある意味クリスマスの主役でした。
いっぱいプレゼントをもらってじわっと嬉しい。
教会便りの特集記事も組んでもらっちゃいました。
ロザリオや聖書やお祈りの本、ブレスレットにヴェール、
妖精のお人形に、お祈り用のキャンドル、…
なんかささかに結婚したか生まれたかのような
お祝いムードでうれしかったです。
ブレスレットはまったく同じもの二つ別々にいただいてびっくり。
わたしのイメージってあんなかんじなのかな?
てか
なんかなんとなくクリスチャンになっちゃったけど、いいのかね…???

■姉と母を教会につれていく■
それぞれ別につれてゆきました。
それぞれ別に笑っておりました。
母はクリスマスにつれてゆき、洗礼を見守っていただきました。

« クリスマス 主の降誕ミサ | トップページ | 新年おめでとうございます。 »

占い・スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/53605661

この記事へのトラックバック一覧です: なつのねこの2011年スピリチュアル編:

« クリスマス 主の降誕ミサ | トップページ | 新年おめでとうございます。 »

お出かけ・本・グルメ別宅