北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 四旬節第五主日。 | トップページ | 枝の主日 »

教会で募集していたもののこと

日曜日にいったとき、ファックスが2枚あって
それはボランティアの募集でした。
18歳から60歳までだったかな?70才だったかな。
震災のボランティアです。
どうやら札幌教区は宮古の援助と割当が決まったみたいでした。

仕事はがれきの撤去等で
専門的な仕事ではないとのこと。
汚れてもいい服装でとのことでした。
(そらそーだ)

ボランティアに行く人の中には
「何か自分にできること」と考えて行く人が多いみたいですが
「何か自分にできること」というのがなかなかの曲者で
汚れ仕事や力仕事は「自分のできることではない」と言い出す人が
とてもたくさんいるんだと
阪神の震災ボランティア経験者のブログで読みました。

その点、のっけから「瓦礫の撤去」とかいておけば安心ですね。

食料は札幌から背負ってゆくそうです。
交通費は青森から宮古までのJR代は教会からでるそうですが
それ以外は自費。
寝るところは教会で、もちろん床に雑魚寝。
毛布は貸してくれるそうですが、寝袋持参とのことでした。
最低限の暖房だけは入っているそうです。

70近いおじさまおばさまから
「若い人がいかなくっちゃ!」
と笑顔で肩をたたかれましたが、
ボランティアというのは「余裕のある人が、余剰金で、余暇に」手伝いにいくもので
ウツとストーマ付きの母とをかかえているナマポの私には
まったく無縁のお話です。
介護認定されてる家族がいてボランティアに行く馬鹿がどこにいる。
まず自分の家族の面倒をみろってなもんです。
そしてあんな風景にとりかこまれたら一気にウツが加速するでしょうなぁ。
ちなみに知的労働も肉体労働もドクターストップのおいらです。^^;
ついでにいうと青森までの足代も担いで行く食料の顎代もありません。

こうして考えると
ボランティアって言葉の響きは美しいけれど
まあようするに
お金持ちの×××××ってことですよね。(・・;)

お金持ちの若者に瓦礫の撤去を経験させる教会は偉いと思います。

++++

教会に実はもう一枚
興味深いプリントが貼ってありました。

ご近所にマリア会っていうお寺(?)まあ教会かなにか修道院かもです

あるのですが
そこで「召命の集い」という
昼食付きの謎の集まりがあるらしい
しかも参加費2000円かかる。
なんじゃこりゃと首をひねって
よくよく読んだ所
「18歳から××歳の男子に限る」(60くらいだったかな。ウロ覚え…)
ああっ、
わかりましたつまりこれは
神 父 さ ん 募 集
の広告ではありませんか!
びっくり

アメリカではテレビCMで神父さん募集があるそうですが
日本で募集見たのは掲示物とはいえ、はじめてです。

お隣韓国では
カトリックがすごく盛んで
信者さんも多くて神父さんも多いんだそうです。
でも日本は本当に神父さん不足で
だから韓国からもけっこうHelp で神父さんがきてくれているらしいです。
日本には
昔はヨーロッパからたっくさん宣教師が来てましたが
(某教会のHP見てびっくり)
今はどうなんでしょうね?
世代交代してしまったような感じもうけます。

ちなみにご近所の神父さんで
3カ所の教会を一人で担当していらっしゃる神父さんがいますよ。(少し若め)
ご復活とかどーすんじゃい(・・;)
一カ所はウチの教会なので
ヘルブの神父さんがいますけど…(82歳現役^^そういえば誕生日おめでとうございます^^)
もう一カ所はどうしているのだろう…
行ってるのかな自分とこと交代とかで
まあ信者さんに集会ミサやっててもらえば普段は別にね…
でもご復活とかクリスマスとかね…
どうしているのやら…
いなかのほうにも数カ所兼任の方、いらっしゃるみたいです。
その方はHPみるにどうやらミサの曜日や時間をずらして対応しているみたいです。

神父さんてたしか給料でるはずですよ、カトリックは
あと研修期間とか、お金でなくても暮らして行けるはず…
就職難なのですし
結婚難なのですし
別に結婚願望なくて
正義漢で
フットワークさえ軽ければ、とくにマッチョでなくてもできるので
やろう!というひとがいてもよさそうですけどね。
カトリックの神父さんてどうなんだろ。
学校の教師より全然おもしろそうだけどなあ…
まあ生徒指導よりコクカイはね
しんどいかも…

ちなみに日本では
悪魔払いはないそうですw(エクソシスト関係のルポ本の後書きにかいてあったw)

それはさておき、その掲示物を見た奥様方いわく
「えっ、マリア院なのに男子のみ?????」

多分、マリア院ていうからには、
シスターがヌシなのでしょうね(^▽^;)

ご近所なので今度偵察(笑)に生きたいですマリア院
でも11条教会が先だな!

« 四旬節第五主日。 | トップページ | 枝の主日 »

カトリック関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/51376627

この記事へのトラックバック一覧です: 教会で募集していたもののこと:

« 四旬節第五主日。 | トップページ | 枝の主日 »

お出かけ・本・グルメ別宅