北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 本は、読むべきときに読むべくして現れる | トップページ | 『内なる島』をよみました »

最近は

おふくろさんを救急車ではこんで以来
スピリチュアルなできごとは目白押しで
ものすごい「押し」をかけてもらっているなあ
という感じがしてなりません。

生活もがらりとかわってしまいましたし
とにかく忙しくて
わたしもへたってた。
薬が9倍に増え
めでたく錠剤になりました。(^▽^;)

びっくりしたのが
母の退院が決まった途端
起動しなくなっていたMacが復活したことです。

まあ、たまたま暑い日が続いて
金属が膨張したといえばそれまでですが…。
あいかわらずスリープかけると
かってにおちてしまってあわてて自己再起動
といった案配なので
なおったわけではないのですが…。

あとは母のお金関係など、
必要な書類がでてこなくてこまりはてていたとき
(うちの母の部屋はものすごく雑然としているというか
物が多くてみつからないのだ)
柏手打って
「おじいちゃん!書類が見つからないの!たすけて!」
と叫んで頼んだら
必要書類がつぎつぎ出て来たり

ほかにもいろいろ

いろいろなことがありました。

どんなときでも
目に見えなくても
だれかが
助けてくれているのですね。

ちなみにおじいちゃんに並んで
すごい活躍したのが
姉の亡くなった旦那さん。
姉の夢に現れて
一緒に布団を運び、
実家に行くように前日言ってくれたそうです。
だから姉はわたしからテンパった電話がはいっていても
「おお、これか。」
と思っただけだったそうです。

長女の夢にはおばぁちゃんが現れて
「今回は大丈夫」
とおしえてくれたそうです。

いろいろな方に助けられて
支えられ
今日まで
母もワタシも
生き延びました。

生活もなんとか目処がたちました。

みなさん

本当にありがとうございます。<(_ _)>

« 本は、読むべきときに読むべくして現れる | トップページ | 『内なる島』をよみました »

占い・スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/49303701

この記事へのトラックバック一覧です: 最近は:

« 本は、読むべきときに読むべくして現れる | トップページ | 『内なる島』をよみました »

お出かけ・本・グルメ別宅