北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 『天使に会える日』を読みました | トップページ | 『古都アッシジと聖フランシスコ』を読みました »

『バチカン・エクソシスト』を読みました

アモルス神父、ミリンゴ神父の活動が
いろいろわかる本。
とても面白いです。

エクソシストについてですが
映画で有名な悪魔祓いの神父さん…

あの映画はわざと下世話な部分が強調されて宣伝されていますが
わけがあってそうなんですよね。
ご覧になられればすぐ意図はわかると思いますけど…。

すごく真面目な映画で
純文学的で(神学的かどうかは知らない…笑)
すさまじい心理戦が描かれていて
主人公がとても人間的で
真面目で有能だけど部分的にすごく不器用で
悪魔はそこをピンポイントでねらってきたりする。
普通のホラーとは一線を画していますよね。
超名作ですよね。
なにしろ主人公は俳優だけど
助手役はホンモノの神父だっていうんだから…

閑話休題。

もちろん民間というか
教会非公認の、日本で言えば御祓い霊能者みたいな
そういう人もたくさんいるらしいのですが、
バチカン公認のエクソシストというのが
ヨハネパウロ2世の時代にちょっと増えて
イタリアでは当たり前の存在らしいです。

法王が変わったので
今はどうなっているのかしりませんが
ミレニアムの前後はとにかくすごかったらしい。

ミリンゴ神父はアフリカの司祭でしたが
あまりに祭り的な悪魔祓いを行うためか
ローマに呼びつけられてバチカンのおひざ下におかれた末、
結局破門をくらったらしいです。

でも腕は確からしいです。

« 『天使に会える日』を読みました | トップページ | 『古都アッシジと聖フランシスコ』を読みました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/48841808

この記事へのトラックバック一覧です: 『バチカン・エクソシスト』を読みました:

« 『天使に会える日』を読みました | トップページ | 『古都アッシジと聖フランシスコ』を読みました »

お出かけ・本・グルメ別宅