北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 『死海文書入門』を読みました | トップページ | 『スペイン・サンティアゴ 巡礼の旅』を読みました »

まじか

姉遠方より来たる、で、滞在中です。

つれづれに
姉のだんながなくなった前後の話などしていたら
こんな夢を見たとかいう話になり、
そのとき姉が
「勝手口の土間にかまどが二つある
巨大木造家屋、自分も夢で知ってる」
という話になり、
いろいろ照合した結果、
姉がときどきわたしと時間差で
夢でそこに来ていることが判明した。

ここにかいたかどうかわからないが、
そこの二階には映画館や娯楽施設があって
そこのプレイルームみたいなところで
ゴールドセイントが千日手になっていたことがあるのだが、
(わたしは「すげえ、セイントって本当にいたんだ」と
思いながらしばらく見て、立ち去った。)
その人は姉のしりあいなんだそうで

おそらく時間差でわたしのあとに通りかかった姉は
びっくりして
「そんなかっこうしてなにやってんの?こんなとこで!」
と声をかけたら
すごくあわてて
「みなかったことにしてください」
と言っていたそうだ。

爆笑である。

土間のふすまのむこうで
私を凶兆よばわりしていた
母娘の二人組は
先日まで姉のところにちょいちょい出てきて
「…口悪いなあ、この人たち」
と姉も眉をひそめていたそうだ。

木造家屋の南の入り口に古い流しがあって
そこが突然きれいになり、
すごくおしゃれでぴかぴかの流しに大変身したことがあるのだが、
じつは夢の中で
姉がそこを掃除したそうだ。

…ふたご座同士って怖いよね。

« 『死海文書入門』を読みました | トップページ | 『スペイン・サンティアゴ 巡礼の旅』を読みました »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/48913763

この記事へのトラックバック一覧です: まじか:

« 『死海文書入門』を読みました | トップページ | 『スペイン・サンティアゴ 巡礼の旅』を読みました »

お出かけ・本・グルメ別宅