北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« しばらくかかずにいたら | トップページ | ベタにこわい夢 »

へんな夢

変な小説かいてるせいか、変な夢みてしまいました。
それはこんな夢。

---------

父がやってきて、「デートいってくるからそうじしといて」と言う。
母が向こうでとてもいやそうにしているが、わたしもうんざりなので
「あっそう、あたし出かけるのよね」という。
「どこに」というので
「えこりん村」と言う。
誰かが伝票のファイルをもってきて
「お父さん、どこを修理するの」とわたしに聞く。
「しらないいわよ、前のときはどこを修理したの」
と伝票をめくる。
1行だけなにかがかいてある伝票があり
「ここじゃない」
という話になる。
ちなみに、夢のなかでは意味がわかったが、
どういう言葉がかいてあったのか今となってはわからない。
(というか、言語ではないです。)

わたしはさっさと出かける。
空港へいくと、昔の同僚Aさんがいて
「ちょっと、今年は××がはやりだから、
履きなさい」といわれる。
「××ってなに」
ときくと
「ロシアではじまったタイツの一種で
こんなふうに手編みすればいい」
とみせてくれる。
わたしはうんざりして
「きているものなんてどうでもいいの!
わたしなんか死んじゃえばいいんだ!」
と怒鳴りつける。

そのまま立ち去るが、空港はなぜか滑走路も飛行機もない。
裏のほうに黒いミッキーマウスの遊具がある。
そういえば千歳空港は、地方のめだたない小さな空港だから
スペシャルなミッキーが贈呈されたんだったな、
と思う。
子供たちに人気らしい。

空港の中では金貸しの女の人が
つかれはててカウンター業務をしている。
そんなんでこのさきの展望とかどうなの、
とか話すが、
彼女もへらへら笑い、
わたしもへらへら笑う。
…つかれはてているみたい。

-------------------

そんな夢でした。
起きたら胃が痛かったです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


« しばらくかかずにいたら | トップページ | ベタにこわい夢 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/42660571

この記事へのトラックバック一覧です: へんな夢:

« しばらくかかずにいたら | トップページ | ベタにこわい夢 »

お出かけ・本・グルメ別宅