北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 夢〜×2 | トップページ | しばらくかかずにいたら »

視界をかえて立川を見た。ごくちいさな虫のような影があったので、ぱっと払った。虫のようなものは、ごうっと炎のような光をはなって消えた。冴は吃驚した。こんなことは初めてだ。…ユウは、冴にかかっている「蜘蛛の巣」を払うために、冴自身に火をつけたらしかった。冴は激しく浄化の炎で燃えている状態なのだ。
「…虫?」
「ああ。」
「あんがと。月島って、優しいよな。」
「優しいだろ。」
「惚れた。籍入れよう。渡りの向こうのすぐんとこにある可愛い教会で式あげようぜ。」
「…あそこ、新興宗教だぞ。」


…冴くんは変なものがいろいろ見えてしまう人なのですが。
…という話を書いたあと、へあさろーんへ行きました。
ぼけーっと夢うつつで髪を染めてもらっていたところ、
突然、堂本剛みたいな2枚目の美容師のおにいちゃんがいいました。
「…虫、気になりますか?」
わたしは、へ? と思いました。
眼鏡していないせいか、全然きづかなかったのです。
…というか、奇妙に思いました。
…ハエって、飛んでるときの、質量エネルギーで察知しませんか?
ありていにいうと、飛んでると「あたったときパコっと鳴るだろうな」という気配を感じるのです。
それがまったくなかったので。
「…ハエたかってます?」
とわたしが聞くと、美容師さんは
「…ハエ、はいってきちゃってましてね、最近」
と微妙にずらして答えました。

そのあと飲み物をもってきますと彼は立ち去りました。
わたしは目をこらしてじっとみていたのですが、
ハエなんかぜんぜんいません。
「?」だったのですが。
それでも辛抱してみていると、一回だけ黒い「虫みたいなもの」が
ふーっと右側をとんでいきました。
…あれはハエ…?
ハエにしては…
…軽すぎる。

…ついその2時間前まで上のアレを書いていたので
ちょっとこわかったです。
てゆーか、なせ゜美容師さんはわたしがハエを気にしていると思ったのだろう…??

« 夢〜×2 | トップページ | しばらくかかずにいたら »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/42552569

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 夢〜×2 | トップページ | しばらくかかずにいたら »

お出かけ・本・グルメ別宅