北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 近所…でもないけどホクレンショップができました | トップページ | 「今日からお金持ちになれる!ハッピー生活術」を読みました。 »

夢〜お金持ちのおじいちゃん

すげー夢をみました。
本当だったらいったいどんな人生だったのだろう。
でも多分、星矢くんのポセイドン編をよんだせいだとおもう。(笑)
ジュリアン・ソロ…(いまもソレントと世界を放浪しているのだろうか…)
ジュリアン・ソロすきだけどな、男らしくてお金持ちで(笑)。美形でなければもっといいんだが…。
くしくもおいらと同じ名前のお嬢様は、お申し出を瞬殺してた。もったいない…。
まあお嬢様も、激烈大金持ちだからなあ…。グラードコロシアム、豪華だったよなあ…。

----------------------
夢で、父方の祖父の法事へ行く。何周年かのセレモニーだ。
いとこたちがあつまっている。しらないいとこも多いが、みんなどっかでみたような人たちだ。
祖父と折り合いの悪かった父はおらず(ちなみに父は別に祖父と折り合いは悪くなかったが、兄貴とケンカして自分の弟の葬儀から飛び出して勝手に一人で電車で帰って行くようなヤツだ。)、叔父伯母もみあたらない。姉たちもいない。
いとこたちと、祖父の後妻さん(実際は故人)と、手伝いのおじさまがた(会社の重役らしい)ばかり。

さっするに、今は会社は後妻さんが切り盛りしているらしい。
てきぱきとやりてなようすだった。
そういえばおじいちゃんて、社長だったんだよなー、あたしには全然関係なかったけどさー、とぼんやり考える。(ちなみにおじいちゃんはホントは教員でした。)

場所は海辺に立つ高いタワーで、とても眺めがよく、美しい海が一望できる。おじいちゃんの会社の社屋らしい。
その海がゴゴーっと割れて、そこにオーストラリアのオベラハウスのような、白い優美な建物が出現する。それがおじいちゃんの会社が作った施設なのだ。すごいなあ、と思う。うちの親父とはたしかに気が合わないはずだ、と納得。

重役さんたちがいそがしく準備しているあいだ、私たちは暇で、漫画を回し読みしている。
古い雑誌なのに、とてもきれいな本で、なんと丁寧に読んでいるのかと感心した。
のんびりめくっていると、なんだか見おぼえがあるきがしてきた。
昔一度よんだことがあって…と考え、あっ、この雑誌、あたしがこっそりシール一枚もらっちゃったやつじゃん、と気づく。
それはルーとソロモンのシールで、つい先日までわたしの机の本棚にはっついていたのだが、ついにはがれてきたので捨てたのだった。(ちなみにこのシールは実在するが、実際は姉がいらないから捨てるというのでもらったものである。)
ページをめくっていくと、確かにシールのページがあり、そこにはルーとソロモンの別のシール2枚ほどを含め、まだシールがところどころ残っていた。
しかしなくなっているもののほうが多い。
ははあ、と私は思った。
わたしがいちまいとったものだから、みんな続いて欲しいのを一枚ずつとったんだな、と。
みんなの雑誌なのに勝手なことをしたし、「もらっちゃったー」とおじいちゃんや後妻さんに報告もなんとなくできかねてずっと気になっていたのだが、それならさほど罪悪感もない。よかったー、とほっとする。

雑誌を見終わると、雑誌の代わりに、何枚かの資料がまわってきた。
なにか講習みたいなものが始まるようすだった。
隣の席に元カレさんがいて、完全にわたしを無視している。
でもわたしのところに資料がまわってきているということは、わたしと隣の人が日直である。
「日直じゃない?」
と話しかけると、心からイヤそうな顔をしてこっちを向いた。
仕事なんだから仕方ないじゃない、もうすこしなごやかにできないの?男の子って本当に大人げない、とわたしは思う。
コピー資料を見てみると、私の字で丁寧にかいてある。びっくりした。
「あっ、これあたしが昔かいたやつだ!」というが、元カレさんはどうでもよさげだ。
わたしはそれをよくみてみた。内容に覚えはないが、わたしの字に間違いなく、しかも、活字かと思うほどの几帳面さで、マール書体をまね、ロットリングの0.2と0.5で書かれている。最初に勤めた会社でかいたやつだ、と思った。
--------------------------------

…元カレさんつめたすぎるよ…汗。
今おもったけど、最初につとめた会社のK.M社長は、どうやらスピリチュアル的には遠いご縁のある人だったみたいね。前世のおじいちゃんかしら。ここに出てくるおじいちゃんはうちの父方のおじいちゃんの顔イメージだったけど、こうしてみると、いかにもK.Mさんみたいな豪放磊落で獅子座ゴージャス的センスの持ち主という感じがする。

…主題がよりダイナミックに繰り返されるヨカーン。汗。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

-------------------------------


« 近所…でもないけどホクレンショップができました | トップページ | 「今日からお金持ちになれる!ハッピー生活術」を読みました。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/40584184

この記事へのトラックバック一覧です: 夢〜お金持ちのおじいちゃん:

» 幸福,開運,ツキを呼ぶ名言 [幸福,開運,ツキを呼ぶ名言 ]
幸福,開運,ツキを呼ぶ名言 [続きを読む]

« 近所…でもないけどホクレンショップができました | トップページ | 「今日からお金持ちになれる!ハッピー生活術」を読みました。 »

お出かけ・本・グルメ別宅