北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 夢〜押し売り | トップページ | 夢〜ベーコン »

夢〜パンクした中古自転車

自転車がパンクするのっていい夢とはいいがたいのよね〜。
多くはトラブルの夢だというんだけど…。
ただ。パンクするのではなく、していた、というのがミソね。
こんな夢。
----------

温泉へ行ってご飯食べて、そのあと水汲みに行くといって家を出る。
車を運転して札幌市内を南へ。
温泉といったってあてもないので、どこにいけばいいんだろう、となやんでいる。
母と姉1がやってきて、「あそこへ行ってみたら」と道案内される。
ついていくと、川があって、その川が温泉。
川原の泥をぺたぺた踏んで(とても気持ちいい)、温泉にはいる。

温泉を出たあと、車は親とかをのせてあげなくちゃいけないからいやだな、と思う。
わたしの他3人でご飯を食べる。
向かいにすわった女の子が可愛かったので、頬をなでなでする。

川沿いに動物の飼育舍がある。そこを案内してもらう。
金髪の女の人が案内しながら言う。
「○○が可愛いなんてとんでもないことですよ。食事しているところを見たことがありますか?ほんとうにとんでもないことです。阿鼻叫喚ですよ。」
動物は中にいるらしく、外からは見えない。馬か犬のようだ。

中古自転車をその金髪の女性の店で買ったらしい。
さあ行こうと思い、
駐車場で、自転車を見ると、もうはやパンクしている。
何かいい手はないかと考え。
わたしは携帯電話で、確信を持って2で始まる番号にかける。
相手は女性。この自転車のもとの持ち主。
「自転車を中古で買ったんだけど…あなたのらしいのね、自転車に2××-××××って番号がかいてあるから…」
と言うと、相手は黙り込んでしまった。どうやら、自分がパンク癖のある自転車を、中古屋を騙して売ったことについて、責められていると感じたようだった。そういうつもりではなかったので、さらに言った。
「この自転車、パンクぐせがあると思うんだけど、あなたはどうしていたのかと思って」
すると、
「…修理屋さんにだしてました…」
とのこと。
「そうですか。じゃあわたしもそうしてみます」
などと言うが、あいては相づちを一切うたない。警戒しているとそんなもんかなと思う。
…まあ、それしかないか、と思い、わたしも出すことに。またあの金髪のお姉さんに出せばいいやと思い、そうしたようだ。

修理した自転車をとりにいかなくちゃと思い、バスに乗る。
するとバスがぼんやりしているうちに、おりるところを通り過ぎてしまったようだ。
おりなきゃ、と思い、気がつくとおりていた。川のずっと下流のほうだ。
パンダの飼育舍がある。白い部分の多いパンダだが、子供なのだろう、かわいい。
「パンダのとこまできちゃった。」
だいぶ遠いな、と思う。でも歩いて行けば多分つくだろう、と思う。

-----------------

む、よくみると、パンクした自転車を修理屋さんに預けたままですね。
これはうまいことやったかもしれない。このままお預けしておこうっと。汗。
自転車のパンクは「思わぬ事件」とか「外出先でのアクシデント」を表すらしいです。
パンダというのは、「シロ黒つける」という動物らしいのですが。
…シロがちなようです。
だれか助けてくれたようだ。よかった…。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

« 夢〜押し売り | トップページ | 夢〜ベーコン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/40097127

この記事へのトラックバック一覧です: 夢〜パンクした中古自転車:

« 夢〜押し売り | トップページ | 夢〜ベーコン »

お出かけ・本・グルメ別宅