北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« 夢〜そうじ | トップページ | おまいり »

夢〜紫のダウン集団

なにか夢にはいる前に、ここの「その他趣味」というブログ村のバナーが見えた…。なんなんだろう。しかも警告なかんじであった…。
そのあと、こんな夢。

------
新しい本が出るというので、大学の研究室に同窓があつまる。研究室は4畳半をみっしりと本にかこまれている。中に入ると、N先生がいて、床の畳に座り、一人の学生と話をしている。その向こうに4人ほど男子の卒業生が並んでたたされている。
わたしは挨拶して入るがまったく無視される。4人の隣に並んでしばらくまつが、なにも起こらない。
隣のしらない卒業生に話かけてみる。
「あのう、本をかわなくちゃとおもって、それと、知り合いに会えるかとおもって来たんだけど、どうなるのかなあ。」
すると隣も、自分もそうだ、という。卒業生は外に出ようといって、研究室を出た。

そとにも一群れいるのだが、おのおのがすべて知り合いでないというばらばら集団。まっているうちに、移動することになる。きがつくと、みんな紫色のダウンジャケットを着ている。わたしはピンクのほうがいいと思って、ビビットなピンクのダウンジャケットにしていた。

その集団はいつのまにかディズニーのアトラクションの仕事を終えたようで、「ジャケットと、この壁掛けの小物入れはもらっていっていいんだと」「えーさすがお金持ち、ふとっぱらー」などと話しながら、部屋を出て行く。わたしはそのとき、「でもなんかこうしてみると、紫のほうがよかったかもな」とふと思う。

そのあと誰かのブログをみている。どうやら別れたカレといったところの人物のブログらしい。
仕事相手がブログを訪れたようで、「このあいだのしごと」について、いろいろ詳しいことがやりとりにかいてある。
あれー、これ守秘義務なんじゃないのかなーとわたしは思う。おぼえている下りは
「…あの状況下で、電車通勤で出社というのはどうかとも思いましたが…(なんとかなってよかったの意の辞)(会社のシステムに呆れるよ、という含み)。…で、…という、…(困難な複合的状況をなんとか打破した、といった内容)。あれができたのは、ひとえにわたしだったからで、運がよかった。」
…そこには書かれていないのだが、この人物はもともとしていた仕事がうまく今回の仕事に生きたらしいのだが、書き方が悪くて自慢と売り込みにしか見えない。えー、こんな人じゃないのに、これでは誤解されるなー、と思った。

------------------

あと、夜中に左肩に「とーん」となにか落ちて来て、びっくりして目が覚めたのですが、肩がふとんから出ていました。「てんしさまむにゃむにゃありがとう…」といって布団環なおして寝直しましたが、…目をあけたときにぽーんと弾んでむこうにとんでいく白い丸いものがみえたんですよね。あれはなんだったのでしょう…。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へよかったらクリックしてください。ありがとうございます。

…いまエントリーにしっぱいして記事が一回とびました…。だれかのブログの後半からとんだのですが…かかないほうがいいのかしら…この夢と丸いもの…。

« 夢〜そうじ | トップページ | おまいり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/17595580

この記事へのトラックバック一覧です: 夢〜紫のダウン集団:

« 夢〜そうじ | トップページ | おまいり »

お出かけ・本・グルメ別宅