北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

« やりのこした夏の宿題 | トップページ | ブログタイトルをかえて… »

退社を前に、夢を見た

最近自分の状態がもやもやとわかりにくかったため、眠る前に「どうぞわかりやすい夢でおしえてください」とお祈りしてから寝ました。するとこんな夢を見ました。
-----------------------------------------------
私は芦別の山奥を歩いています。
足下は真っ白な新雪が20センチほど積もった雪道。
別れたはずの彼と一緒でした。
歩いていると、左手に沢がありました。とてもきれいな沢だったので、わたしは釣り好きの彼に、
「あの沢どう?(鱒つれそう?)」と聞きました。
すると彼は「とても古い沢だね。古(いということの良)さが現れていて、とてもいいね」
と答えました。わたしはちょっと「あれ?」と思いました。彼が釣りの話をしないなんて、と思いました。
右手の向こう側斜面に足跡がたくさんついていて、道のようになっていました。
「あっちに行った人もいるよ。あっちは新興住宅地なんだ。」
と、わたしが指差すと、彼は小馬鹿にしたように、ふん、と笑いました。彼はたまにそんなふうに振る舞うことがあり、わたしはいつも意味を掴みかねるのですが、多分「オレはいかねーよあんなとこ」という意味なんだろうなあと思い、深くは尋ねません。
歩くのがつらくなってくると、彼がわたしを足のうえにのせてあるいてくれました。
びっくりしました。
うれしかったけれど、いくらなんでもそれは申し訳ないとおもったので、ことわって、自分で歩きました。
ほどなく温泉地につきました。
そこは温泉宿の一角で、日帰り湯として公開しているのですが、なんだか、古い旅館の狭い大浴場といった感じで、
「とても800円は払えないね」
という話になりました。
でもわたしは、そこが大きな施設のなかにある小さな湯の一つでしかないことをしっていました。
宿泊者はもっといろんなお湯を楽しめるのです。
「でもあたしここはいったことある、前、泊ったから」
と言った後、彼とはぐれてしまいました。
温泉についたので、宴会芸がはじまってしまったのです。
まあこんなにどっからわいたんだというくらいみっしりと人があつまってしまい、身動きもとれません。
芸がひととおり終ると、はるか向こうの方で、誰か男性の声で「今回はいまひとつだったね」「女子ががんばってくれなきゃー、女子ー!」と話す声がきこえました。
わたしはまさかこのにぎわいのなかで聞こえまいと思い、「こんなくだらないことにつきあってやってるだけ有り難いと思え」とつぶやきました。
すると、そこにみっしりといた人々がぜんいんなぜかしいんとしてしまいました。
それからばらばらとみなあちこちに帰ってゆきました。
ちらばっていく人々のなかに、「ホモサピエンス」というハンドルネームの2ちゃんねらーがいました。
どこかの板で、以前コメントをかわしたことがある人で、ねらーのなかでも、またかずあるホモサピのなかでも、比較的よいひとだと思っていた人物でした。
そのひとは机の上で、芦別市のきれいな夕日の写真がのっているパンフレットに、すばらしい達筆で、ゆっくりと、「一刻即是」と、わたしに見せるために書きました。わたしは、わかってるよ、と思いました。
わたしも、はぐれた彼と落ち合うために、次の場所に移動しなくちゃと思いました。
移動すればあえるかもしれないし、あえなかったとしてもここでは探すことができないから、予定通り場所を移動しよう、とおもったのです。
わたしはバスにのろうと、バスに手を振りました。
でもバスは、目の前でドアを閉めていってしまいました。
あーいっちゃったと思いましたが、気がつくと、バスの座席にすわって、移動しているところでした。
-----------------------------------------------
こんな夢でした。
次の会社であえるのはだれなのでしょう?

« やりのこした夏の宿題 | トップページ | ブログタイトルをかえて… »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115031/16353185

この記事へのトラックバック一覧です: 退社を前に、夢を見た:

« やりのこした夏の宿題 | トップページ | ブログタイトルをかえて… »

お出かけ・本・グルメ別宅