北海道うららか散歩

  • 宏楽園の紅葉3
    北海道に住んでいるので、うらうらと散歩中に携帯で写真とったりします。並べておきますので、和んでください。下のほうの桜が一番古いです。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

けんさく。

ついった

  • ついった
無料ブログはココログ

今年ももうじきくりすますですね

ことしもポスター係をしたのですが、気力が無くてブログにインしてなかった…

いまからでもいいですかね…しばらくログインしないうちに編集画面がかわっちゃってなにがなんだかわかんなくなってる。(^▽^;)

2019x

 

 

明日はクリスマス

2018x

近所の人よかったら来てね! ぼっち参加歓迎だよ!
あたたかいおばあちゃんたちとほっこりクリスマスをすごしませんか?
幼稚園のホールが使える最後のクリスマスになるかもしれません。

ご無沙汰しています。

本当は私はひっこさなきゃならないので、道営住宅に毎回応募している、という事実が教会にまわってから、随分楽になりました。誰も私に何も期待しなくなったので、すごくほっとしています。うかうかしていたら全部の仕事をひきつがなくちゃならなかったから。本当に信徒の減少は、深刻な問題ですね。全体にとって以前に、わたしにとって大変だった。


ちなみに抽選外れてばっかりの道営住宅は、札幌の大きな二つの教会の間あたりにあるので、別に信徒をやめるという話ではないです。あんまり苦痛なら教会とオサラバしようかとも一時期考えましたが、私はキホン神さまが好きです。それは別に洗礼なぞ受けるまえからのことなので…教会へ行かなくても信仰を守る自信はおおいにありますが、まあでも、どこか共同体に引っかかっていないとヤバいだろうという事情も、姉たちと縁を切ったわたしにはあるので…。教会にいかなくなったら完全に社会から消えますからね(笑


完全に社会から消えるというのは、やはり人間にはあまり向いていない生き方なのかもしれないと思う事件が世間でおこったりして(新幹線の例の)、他人事でないので(^▽^;)、とりあえず片手でぶら下がる程度であっても、教会に所属しているべきだろう、という結論です。


姉たちのことは「まさかとおもうが、この姉妹関係はわたしが一人で忍耐することによって維持されているのでは…」という仮説が証明された形で、私が一度キレてやったらみごとにばらばらに壊れました。父が生きてた頃、何度か「おまえの姉さんは頭がおかしいのでは…?」という相談をうけていたのですがまあ人類だれでもみんなそれなりにおかしいよと思っていたので肯定しつつも問題はない、というかお前が言うな、みたいな感じでしたが。本当におかしかったのでその点だけはわりとびっくりしています。でもおかげさまで重圧からも解放されたので、薬がよく効くようになりました。医者にもよかったねといわれましたよ。


よかったとはいえ、社会的にはいろいろ不便で、今後はカリタスあたりに相談する場面もでてくるかもしれないな、と思っています。


例の新幹線の事件について、「社会にたいて無敵になってしまったあのタイプの犯人をとめることはできない。予防できるとしたらそれは社会福祉だけ。社会福祉は凶悪犯罪の防止に役立つ」という主旨のツイートが流れてきて、なるほどなあ、と思っております。いや、宗教も、止める力があると思うのですが、宗教もある意味、国や自治体の社会福祉と片手をつないでいるようなものだとおもっているのです。そういう意味でカリタス家庭センターはたまに会報よむだけですが、すごい。善人の戦いの最前線ここにありといった風情を感じます。 
キリスト教文脈がわからないと、欧米の思想や文学、社会そのものも、半分ほどもわからないとか言いますが、外国だけでなく日本でも、キリスト教の社会的文脈というのはある。それは入ってみて初めて「国内にこんなすごい組織が」と驚くようなしろもので。キリスト教から派生した各社会的組織というのはとてもよくできている。そしてその根幹をになっているのが信仰だというのが強さの秘密だと思うのですが、同じ信徒であるから信じられる、というのもあったりするわけです。つまり自分のなかにある程度キリスト教文脈がないと、とても信じられないということでもある。


薬が変わったせいで最近意識がものすごく散漫で、文も出鱈目な表現でまったくもってよく書けない状態なのですが、自分に対する問題意識だけは多少動く状態でありたいとおもっています。ほんとうに、バカって楽よ、先生。

コーヒー屋さんごっこはじめました。

教会で寄付金集めに、バリスタを導入しました。

アンバサダーになったので、機械はタダ借りです。
このあいだ光明社に用があっていったとき、11条教会でトイレ借りたのですが、
11条教会では日曜ミサのあとに一杯100円とってやっているらしい。そしてもしかしたらちゃんと豆を使っているのかもしれませんが、花川教会は貧乏なので2~3杯100円になりました。
料金はゆる~くやっております。バリスタはインスタントですからね! そこが楽でいい。
まあしかし、危惧した以上に、年配の方は機械がお嫌いのようで…。結局私が淹れております。セルフはおじいちゃまたちには無理かもですね。水はいってなかったら入れて、スイッチ入れて、ボタンにさわるだけなんですけどね(^▽^;)

バリスタさんねー、使い方のシート作ってほしいよ。写真入りで、「水の入れ方」と「コーヒーの淹れ方」だけ簡単にのってる、壁に張れそうなやつ。おじいさんたちの中にはコピー一つ使いこなせない人もいるんですからね。あと広告付きでもいいから、紙コップ安く売ってくれないかなー。100均のやつ、ホット用意外と高いんで…。

名誉会長がさっそく「紙コップいやだ。カップでのみたい。洗うのは女どもがやればいい」と言い出したので、(その食器洗いってやつを楽にするのも隠れた目的の一つなのですけどね)「いやカップで飲んでくれていいけど、自分であらってよ。いやなら奥さんに洗ってもらったら?」と言っておきました。そして名誉会長用にぐでたまの紙コップ(安かった、ビバサンリオ100均製品)と紙コップホルダーをダイソーで買ってきました。これならきっと気に入ってくれるわ 
今月は物珍しさもあってか無事ペイいたしましたが、今後はどうかなー。
あまり営業かけるのもうるさがられるだろうから、毎週営業はしないけど、まあ2~3週に一回くらいは営業かけようかとおもっています。

次の目標はルンバ導入しておばあちゃまたちを掃除から解放してあげることです。

あたしはね、普段黙ってますけど、小学生の時からバリバリのフェミニストですからね。その辺の軟弱なフェミさんたちなんか鼻息でぶっ飛ばすほど過激ですからね。ふふふ。

クリスマスのご案内2017

2017_x

«罪ってなんだろう…ムショの人たち。

お出かけ・本・グルメ別宅